佐渡レンタカー.com

ローズレンタルの気ままな佐渡ブログ

間違いだらけのレンタカー選び

ラパン

8月に入って、8月頭は去年と比べてそんなに忙しくない、あれ?と思ったら、多分多くの人が家でオリンピック観戦で旅行を控えてるのかな?などと考えたり。他の要素もあるかもしれませんが、両津港の他のレンタカー屋さんも心なしか駐車場待機の車が多かったような。

同業界のみなさんどうですか?

「間違いだらけのレンタカー選び」と言っても佐渡でのレンタカーのちょっとした注意点です(笑)

・大佐渡スカイライン、ドンデン山は軽自動車、50ccのバイクではきつい。

「○○スカイライン」とあればバイク乗り、走り屋さんなら行かねばと思うのはよく分かりますが、佐渡のそれは2車線ではなく、なかなかの勾配で、低速コースです。眺めは最高で、標高1000m近くあるので涼しくていいんですが。

軽のオートマで4人乗りとか、50ccのバイクでは、上りはスピード出ないです。エアコンにもパワーを食われます。マニュアル車ならパワーロスも少なく、任意でギアチェンジできるのでまだいいと思います。

下りのブレーキ過熱にも注意。下りはエンジンブレーキを効かせて、攻めないでくださいね。

海岸線だけなら軽や50ccでもスイスイ走れます。

・軽のレンタカーは少なめ。

軽で料金の安いもの希望のお客様が多い割には、軽のレンタカーが少な目な気がします。上記の理由で軽よりヴィッツやフィットクラスがおすすめというのもあるのか、また「4人+荷物」では軽乗用車のトランクは小さく、きついと思います。軽1BOXタイプなら4人+荷物でも余裕ありです。

一人か二人なら、軽で充分ですね。

・海岸線はだいぶ2車線化され、信号も少なく快適です。

東京の首都高を運転するのの100分の1くらいのストレスでしょうか。

50ccで二段階右折することはないですし、30km規制もほとんど・・・。

天気のいい平日にたまにスピードや一時停止の取締が。佐渡一周線ではあまり会ったことはありません。

でもなにより安全運転で!

3連休以上の連休とお盆はレンタカーもフェリー航送もほんとに集中的に混みますので、お早目のご予約か、ちょっとずらすと良いかもしれません。