佐渡レンタカー.com

ローズレンタルの気ままな佐渡ブログ

*佐渡空港問題*


佐渡空港拡張整備計画のサイト

現在は運休中で飛行機が飛んでいない佐渡空港。
以前はずっと9人乗り程度のプロペラ機が佐渡ー新潟空港間を運航していました。佐渡島民だと、「一度は乗ってみようか」くらいで乗ったことがある感じでしょうか。私もそうです。

ジェット機の離陸の時の加速はしびれるけど、小型プロペラ機だと車が高速道路の料金所から加速する感じでブーンと浮き上がり、飛行高度も低くて、

かえって軽い高所恐怖症の私はずっと手に汗握りっぱなしでした。

890mの滑走路ではそんな小型機しか飛べないということで、長年「2000m化で佐渡ー羽田便でジェット機を」と言われてるんですが、地権者の同意が得られず空港拡張ができず。そもそもできたとして採算が合うのかという議論もあり。

ちょっと2ちゃんねるや佐渡テレビの討論番組などの議論も見ていて、「2000m化しなくてもここ数年で今のままで飛べる中型機も出てきた」「羽田は現実的じゃないし調布は東京島嶼部だけだけど、佐渡ー成田、佐渡ー新潟のピストン運航や、関西便なら時間短縮効果も大きくて現実的」とかありました。

追記:新潟空港とのシャトル便付の佐渡ー羽田線で、新潟から羽田、羽田から新潟に行きたい人も乗れるハブ空港化に、というのもありました。

両津の今の空港がだめならじゃあ相川に作ればっていう議員さんもいましたが、じゃあ小木でも。それなら佐渡汽船も、赤字航路と言われる直江津ー小木、寺泊ー赤泊も廃止しやすくなったりして。(当店は赤泊航路は釣りのお客様、小木航路は上越市や長野、富山、関西からの方もいて、無くなってほしくないですが)

当店のお客様はざっと言うと関東からが4割、新潟県内から3割、その他は近県(山形・福島・長野・富山・石川)と関西・中部で、両津港が9割、1割が小木・赤泊港からです。佐渡は関東などからだとなかなか普通の土日でちょっと旅行に行くのは時間がかかる、でもジェット機で1時間ならちょっと行ってみようかという層は多いと思うんですけどね。

ボーイング737だと67億3200万円から、ボンバルディアなどのリージョナルジェットだったらもうちょっと安いし、三菱の次世代リージョナルジェット機MRJとか中古の軍用機とか。
誰か個人でそんなの買える人(あ、あの方なら)がいたらいいけど、あとは運航会社、許認可や政治の問題ですね。