佐渡レンタカー.com

ローズレンタルの気ままな佐渡ブログ

*いかの研究*

佐渡 いか

こちらは佐渡・松ヶ崎、佐藤漁業さんが製造している味つきするめです。そのまま食べられます。

バイクのレンタル中天候があいにく雨だったり、何度もご利用いただいているお客様におみやげとして差し上げています。

ただ大量に作られていないので、ある時とない時があるのでご了承ください。

私はお酒のおつまみも高カロリーのものを好みがちですが、このするめは好物です。よく噛むし、腹の中で膨張するはずなので、少量でも満足感。

 

さてそのイカ、日本の魚介類消費量でサケ、マグロと1~3位を争っており、年間を通して獲れ価格も手頃で、お刺身の盛り合わせでも、主役という感じではないですよね。

しかし一度、漁師さんの家で、朝上げてきたイカだ、というほんとに透き通ったのを食べた時は、そのコリコリの食感に感動したことがありました。

それで実は私、いけすの活イカのお造りを食べられる店を佐渡でもできないかと、いろいろ調べたりあちこち話を聞きに行ったりしたことがありました。

その結果、

こちらのブログにも詳しいですが、

・イカの画期的漁具・漁法を佐渡の漁師が古くから始めて、明治の時代にそれを青森や北海道に出稼ぎ・移住して広め、八戸や函館がイカの大漁港になった。

・函館ではいけすのイカを釣ってそれを活き造りに、というのが名物になっていたり、筒状の袋に海水と一緒に入れた活イカをお取り寄せ可能。

・佐渡でも活イカの直送を考えていて視察したが、その筒状の袋の海水の他の成分は企業秘密で教えてもらえなかった。

・イカは四角い水槽では直角にぶつかって墨を吐いて弱ってしまうので、丸い水槽がいい。

・そのように活イカの輸送・飼育はなかなか難しい。

・タコは煙幕のように姿を消すために墨を吐くが、イカは紡錘状の自分の分身のような形の墨を吐いてそっちに気を取らせて逃げる。

などがわかりました。

佐渡でやろうと思ったら、まずイカ釣り漁船にいけすを設置してもらうところから始めなければなりません。

活イカは全国各地にあるようですが、ぜひ佐渡も「イカ釣り発祥の地」という歴史も含めて、大々的にやったら、と思うんですが。

なんて、ブログで言うのは簡単だけど。

関連記事はコチラ

2017.10.14
バイク売ります
2017.09.22
佐渡で登山
2017.07.30
夏はサンシャイン日本海へ!
2017.07.09
つばめの家族
2017.06.30
便利な前かご付き車